浜松サザンクロスほしの市 
hamamatsu.hoshinoichi@gmail.com
スカウト型マーケットのため出店募集は行っておりません。
毎月第2日曜は、
こだわりの食と暮らしを集めた
『浜松サザンクロス ほしの市』へ

◆次回開催◆
浜松サザンクロスほしの市
2020.1.12.sun
10時〜15時

※アーケード商店街のため雨天でも開催。
※公共交通機関でのご来場をお勧めしています。

▼出店者情報や詳細はInstagramとfacebookで随時お知らせしています。
●instagram @southern.cross_hoshinoichi
●facebook 浜松サザンクロスほしの市

2019グッドデザインしずおか受賞

【NEWS】戦略的にデザインを活用した静岡県内の「もの」や「こと」に贈られる『グッドデザインしずおか』。今年度のグッドデザインしずおかで、浜松サザンクロスほしの市の取り組みが「特別賞」を受賞しました。ほしの市に関わってくださるすべての皆さまに感謝いたします。

マーケットへの想い
「子どもたちに誇れるまちに」
『浜松サザンクロスほしの市』は一時的なにぎわいをつくるためのイベントではありません。エリアの価値を上げ、子どもたちに誇れるまちにして、次の世代へと繋いでいくための取り組みです。

まちで一番大切なのは「人」です。まちなかも、郊外も、すべて繋がっています。このまちに魅力がないと感じた若者たちは、きっといつか外へ出て行ってしまうでしょう。

一度出て行った人がまた帰ってきたくなる、このまちに住んでいることを自慢したくなる、そんなまちを、一緒につくりませんか?
未来の子どもたちに、誇れるまちを。
多様な働き方や夢を応援する、
まちのマーケットでありたい
"浜松のまちが「新しいチャレンジが生まれる場」となり、自分らしい仕事で生きている魅力的な大人でいっぱいの町にすることで、小さな子どもや学生が憧れるようなまちにしたい!"

そんな想いで『ほしの市』をはじめ、様々な取り組みを行っています。
多様な働き方や夢を応援する、
まちのマーケットでありたい
"浜松のまちが「新しいチャレンジが生まれる場」となり、自分らしい仕事で生きている魅力的な大人でいっぱいの町にすることで、小さな子どもや学生が憧れるようなまちにしたい!"

そんな想いで『ほしの市』をはじめ、様々な取り組みを行っています。

『ほしの市』って、
どんなマーケット?

毎月、出店者全員のおすすめの本が見られる『私の本棚』。
ラッピングに使うのは、浜松で活動するクリエイターが描き下ろしたオリジナルかけ紙。
浜松市内はもちろん、他の地域からも来たくなるようなマーケットにすることで、地元に暮らす人がより自分の地域を好きになり、地元の良さを再認識できる場を、わたしたちはつくり続けたいと思っています。
ラッピングに使うのは、浜松で活動するクリエイターが描き下ろしたオリジナルかけ紙。
公募型ではなくスカウト型の、
こだわりのマーケット
『浜松サザンクロスほしの市』はエリアの価値が上がる魅力的なマーケットを目指し、公募型ではなくスカウト型で出店者さんにお声かけしています。地域の魅力が伝わるマーケットにしたくて、浜松(または近郊)を拠店に活動されている方、浜松にゆかりのある想いを共有できる方に限らせていただいています。
各店舗に設置された『私の本棚』で
人と人との繋がりを
『わたしの本棚』とは、出店者さんに自宅からお気に入りの本を一冊ご持参いただき、ブースの一角で手書きPOPとともに紹介してもらう企画です。物の売り買いだけではわからないお店の方の意外な一面や趣味が、その本から知れるかも。本がきっかけに会話が生まれ、ステキな繋がりが生まれることで、思い出に残るマーケットになればと願っています。
複数店舗の商品をまとめて包装できる
ラッピングコーナーの設置
「あのお店のパンとこのお店のジャムを一緒にしてギフトにできたら…」マーケットに出かけた先で、そんな風に思ったことはありませんか? 通常、イベントでのギフト対応は各店舗に任されていて、複数店舗の商品をひとつに包装するのは難しいのが現状です。そこで、ほしの市ではラッピングブースを設置。パンとジャム、クッキーとアクセサリーなど、大切な人が喜ぶ顔を思い浮かべながら贈り物を選んでいただけます。
『浜松サザンクロスほしの市』
マーケット名に込めた想い
会場である商店街の名称にもなっている「サザンクロス」とは英語で南十字星という意味。この星が、かつて旅人の道しるべとなったように、このマーケットが浜松の未来を照らす小さな小さな光になればという想いをこめて名づけました。
各店舗に設置された『私の本棚』で
人と人との繋がりを
『わたしの本棚』とは、出店者さんに自宅からお気に入りの本を一冊ご持参いただき、ブースの一角で手書きPOPとともに紹介してもらう企画です。物の売り買いだけではわからないお店の方の意外な一面や趣味が、その本から知れるかも。本がきっかけに会話が生まれ、ステキな繋がりが生まれることで、思い出に残るマーケットになればと願っています。

『ほしの市』では、
こんなこともやっています

クリエイターをもっと身近に。
『アートかけ紙プロジェクト』

地元の若手クリエイターにほしの市のラッピングブースで使う包装紙『アートかけ紙』の制作を依頼。浜松にこんな素敵なクリエイターがいるということを広く知ってもらい、アートを身近に感じてもらえればと企画しました。

【多くのご支援ありがとうございました】
https://camp-fire.jp/projects/view/66515

「あのお店に出てほしい!」
『ほしの市』推薦店を募集中

あなたのお気に入りの浜松のお店、クラフト作家、農家さん、クリエイさんを教えてください。上位のところには実行委員が出店のご案内に伺います。みなさんの推薦から新たな出店者さんがほしの市に加わるかも! ぜひ推薦ください。

【出店推薦受付フォーム】
https://form.os7.biz/f/712715c4

『10人10色働き方トーク@浜松』
繋がる場、
成長しあえる場を創造。

『10人10色働き方トーク』は、自分らしい働き方、暮らし方をしている魅力的なゲストを招き、少人数でじっくり話せるトークイベントです。ほしの市はマーケットだけでなく、繋がる場、成長しあえる場を創造していきます。

【次回開催 2020年1月ごろ】

『小商いラボHACON(ハコン)』
ほしの市出店者限定で利用可能!

ほしの市出店者さんの成長・拡大がまちの魅力拡大にも繋がるとの想いから、1日単位で自分のお店を持てる貸スペース『小商いラボHACON』をスタート。出店者さんはぜひご活用ください。詳細はコチラ
http://yamorishacon.strikingly.com/

『ほしの市STORY of the year』

ほしの市で出逢った素敵なもの・人・コトに関するエピソードを毎年募集。入賞したエピソードはSNSでお知らせしています。
※2018年の応募は締め切りました。

『ほしの便り』
浜松駅南ローカルメディア

静岡県浜松駅南で毎月第2日曜日に開催している『浜松サザンクロスほしの市』を拠点に、この地域の魅力的な人・もの・こと、駅南エリアの情報を発信しています。
https://hoshi.localinfo.jp/

『10人10色働き方トーク@浜松』
繋がる場、
成長しあえる場を創造。

『10人10色働き方トーク』は、自分らしい働き方、暮らし方をしている魅力的なゲストを招き、少人数でじっくり話せるトークイベントです。ほしの市はマーケットだけでなく、繋がる場、成長しあえる場を創造していきます。

【次回開催 2020年1月ごろ】

イベントDATA

●場所/浜松サザンクロス商店街(砂山銀座商店街)
●開催日/毎月第2日曜日
※1月、2月は特別企画『冬のほしの市』を開催!
●開催時間/10:00~15:00
(8月のみナイトマーケットのため16:00~20:00)
※雨天決行(屋根のあるアーケード商店街です)

【アクセス】
[車の場合]周辺有料パーキングから徒歩
[電車の場合]浜松駅南口から徒歩3分

近隣駐車場案内

駐車台数、料金は変更になる可能性がございます。

【ほしの市オフィシャルスポンサー】2019.4月現在・敬称略・順不同
●Mulberry House 株式会社 桑原建設 ●(株)コットンハウス ●ながさかハートクリニック 

【ご協賛一覧】2018.6月現在・敬称略・順不同
caillou/cocoya/Koti/マルサ村松商店/COMPANiO/さじかげん/OKAYU-BAR/みんなの台所/Des Ailes(デゼル)/オキメモ/焼き菓子どんぐり/natur/上露/Tu viendras/つちや餅店/つまみ細工 あんみつ/ミツノシマ/AKI.leather&crafts/browncrew/田町梅月/Ricandle/さくらや/ handmadeaccessoryMW./浜松活版工作室 / JIYUTEI/teatrino/シロツメクサ/Uooworks/スープ屋×eku./まるい園茶舗/森のこりす/和~nagomi~/美骨整体サロン サラ☆るな/萩田桐子/小川典美/藤原真紀子/宮木あさみ/おうちサロンきらら/Celi花/生活工房nana/55SWEETS/mikke
※ほしの市へのご支援・ご協力、誠にありがとうございます。お名前の掲載をご承諾いただいた方のみ掲載させていただきました。