浜松サザンクロスほしの市 実行委員会  問/hamamatsu.hoshinoichi@gmail.com
出店に関するお問合せが多いため、出店希望用の問合せフォームをご用意しました(スカウト型マーケットのため審査有)
毎月第2日曜は、
こだわりの食と暮らしを集めた
『浜松サザンクロス ほしの市』へ

次回開催日

vol.2 2018.5.13(日)10:00~15:00

毎回、出店者さんの情報は『浜松サザンクロスほしの市』のInstagramとfacebookページで随時お知らせしています。ぜひご覧ください。
●instagram http://instagram.com/southern.cross_hoshinoichi
●facebook https://www.facebook.com/hamamatsu.hoshinoichi
マーケットへの想い
「子どもたちに誇れるまちに」
『浜松サザンクロスほしの市』は一時的なにぎわいをつくるためのイベントではありません。エリアの価値を上げ、子どもたちに誇れるまちにして、次の世代へと繋いでいくための取り組みです。

まちで一番大切なのは「人」です。まちなかも、郊外も、すべて繋がっています。このまちに魅力がないと感じた若者たちは、きっといつか外へ出て行ってしまうでしょう。

一度出て行った人がまた帰ってきたくなる、このまちに住んでいることを自慢したくなる、そんなまちを、一緒につくりませんか?
未来の子どもたちに、誇れるまちを。
多様な働き方や夢を応援する、
まちのマーケットでありたい
"浜松のまちが「新しいチャレンジが生まれる場」となり、自分らしい仕事で生きている魅力的な大人でいっぱいの町にすることで、小さな子どもや学生が憧れるようなまちにしたい!"そんな想いでこの『浜松サザンクロスほしの市』を開催しています。

●子育てや介護が忙しくて挑戦できなかったけど・・・
●今の仕事をやめてまでする勇気はないけれど・・・
●好きで続けているけれど、なかなか発表の場がなくて・・・
『ほしの市』は、そんなみなさんの夢を応援するマーケットでありたいと考えています。浜松のまちで、もうちょっとだけワクワクしながら暮らしてみませんか?
多様な働き方や夢を応援する、
まちのマーケットでありたい
"浜松のまちが「新しいチャレンジが生まれる場」となり、自分らしい仕事で生きている魅力的な大人でいっぱいの町にすることで、小さな子どもや学生が憧れるようなまちにしたい!"そんな想いでこの『浜松サザンクロスほしの市』を開催しています。

●子育てや介護が忙しくて挑戦できなかったけど・・・
●今の仕事をやめてまでする勇気はないけれど・・・
●好きで続けているけれど、なかなか発表の場がなくて・・・
『ほしの市』は、そんなみなさんの夢を応援するマーケットでありたいと考えています。浜松のまちで、もうちょっとだけワクワクしながら暮らしてみませんか?

『ほしの市』って、
どんなマーケット?

浜松市内はもちろん、他の地域からも来たくなるようなマーケットにすることで、地元に暮らす人がより自分の地域を好きになり、地元の良さを再認識できる場を、わたしたちはつくり続けたいと思っています。
公募型ではなくスカウト型の、
こだわりのマーケット
『浜松サザンクロスほしの市』はエリアの価値が上がる魅力的なマーケットを目指し、公募型ではなくスカウト型で出店者さんにお声かけしています。浜松の魅力が伝わるマーケットにしたくて、浜松(またはその近郊)を拠店に活動されている方に限らせていただいています。「出店者推薦フォーム」からの投票も参考にしてスカウトしていますので、ぜひみなさんのお気に入りのお店をお知らせください(詳細は下記)。
各店舗に設置された『私の本棚』で
人と人との繋がりを
出店者さん全員に『わたしの本棚』への協力をお願いしています。『わたしの本棚』とは、出店者さんにご自宅からお気に入りの本を一冊ご持参いただき、ブースの一角に手書きPOPとともに設置してもらう企画です。ものの売り買いだけではわからないお店の方の意外な一面や趣味が、その本からわかるかもしれません。この本がきっかけに会話が生まれ、ステキな繋がりが生まれることで、思い出に残るマーケットになればと期待しています。
複数店舗の商品をまとめて包装できる
ラッピングコーナーの設置
「あのお店のパンとこのお店のジャムを一緒にしてギフトにできたら…」マーケットに出かけた先で、そんな風に思ったことはありませんか? 通常、こういったイベントではギフト対応は各店舗さんの方針に任されていて、複数店舗の商品をひとつに包装するのは難しいのが現状です。そこで、『浜松サザンクロスほしの市』では、ラッピングコーナーを毎月設置。パンとジャム、クッキーとアクセサリーなど、大切な人が喜ぶ顔を思い浮かべながら贈り物を選んでいただけます。ぜひご活用ください。
『浜松サザンクロスほしの市』
マーケット名に込めた想い

会場である商店街の名称にもなっている「サザンクロス」とは英語で南十字星という意味。この星が、かつて旅人の道しるべとなったように、このマーケットが浜松の未来を照らす小さな小さな光になればという想いをこめて名づけました。

各店舗に設置された『私の本棚』で
人と人との繋がりを
出店者さん全員に『わたしの本棚』への協力をお願いしています。『わたしの本棚』とは、出店者さんにご自宅からお気に入りの本を一冊ご持参いただき、ブースの一角に手書きPOPとともに設置してもらう企画です。ものの売り買いだけではわからないお店の方の意外な一面や趣味が、その本からわかるかもしれません。この本がきっかけに会話が生まれ、ステキな繋がりが生まれることで、思い出に残るマーケットになればと期待しています。

『ほしの市』では、
こんなこともやっています

クリエイターをもっと身近に。
『アートかけ紙プロジェクト』

地元の若手クリエイターにギフトラッピングに使う『アートかけ紙(のし紙状のもの)』を依頼。浜松にはこんな素敵なクリエイターがいるということを広く知ってもらい、アートを身近に感じてもらえればと企画しました。

【クラウドファンディングにも挑戦!】
https://camp-fire.jp/projects/view/66515
多くのご支援、ありがとうございました。

「あのお店に出てほしい!」
『ほしの市』推薦店を募集中

あなたのお気に入りの浜松のお店、クラフト作家、農家さん、クリエイさんを教えてください。上位のところには実行委員が出店のご案内に伺います。みなさんの推薦から新たな出店者さんがほしの市に加わるかも! ぜひ推薦ください。

【出店推薦受付フォーム】
https://form.os7.biz/f/712715c4

『10人10色働き方トーク@浜松』
繋がる場、
成長しあえる場を創造。

―働くことは、生きること―。
『10人10色働き方トーク』は、自分らしい働き方、暮らし方をしている魅力的なゲストを招き、少人数でじっくり話せるトークイベントです。ほしの市はマーケットだけでなく、繋がる場、成長しあえる場を創造していきます。


『10人10色働き方トーク@浜松』
繋がる場、
成長しあえる場を創造。

―働くことは、生きること―。
『10人10色働き方トーク』は、自分らしい働き方、暮らし方をしている魅力的なゲストを招き、少人数でじっくり話せるトークイベントです。ほしの市はマーケットだけでなく、繋がる場、成長しあえる場を創造していきます。


イベントDATA

●場所/浜松サザンクロス商店街(砂山銀座商店街)
●開催日/毎月第2日曜日
●開催時間/10:00~15:00(季節によって若干変動あり)

【アクセス】
[車の場合]周辺有料パーキングから徒歩
[電車の場合]浜松駅南口から徒歩3分

近隣駐車場案内

2018年4月現在の情報です。駐車台数、料金は変更になる可能性がございます。